プリント隠しボードの100均DIYが大流行⁉作れない人向けのおすすめ方法も調べました

プリント隠し

こんにちは、めぐーるギフトです。
このサイトでは、
ギフト選びでお悩みの方への役立つ情報を
日常のあれこれ、最新トレンドなど交えて
お届けします!

本日のテーマは「プリント隠しボード」について。

 

マーガレット
マーガレット

…プリント隠しボード?初耳ですけど、
何ですかそれ?

meguru
meguru

知ってる人は知ってるけど、まだ知らない人も多いかもですね。
簡単に説明しときます!(知ってる人は飛ばして下さいw)

いつの間にかたまるプリント類。
とくに子供がいる家庭では、
毎日いろんなプリントを持って
帰ってきます。

学級だより、給食献立表、提出物…
加えて、地域のお知らせや当番関係などなど

わんさかと!

そして見てすぐ処分できるものばかりじゃないので
忘れないように
・冷蔵庫にペタ!
・壁にペタ!

となるわけですが、これが…

インテリアを損なう損なう。

普段は、色を統一したり
生活感あるものを排除するなどして
必死でおしゃれなインテリアを作り上げても
このプリント類がインテリアを

台無しにするんです!

で、それをどうにかしたいということで
おしゃれインテリアに敏感な
主婦やママたちがせっせと作っているのが

「プリント隠しボード」

と呼ばれるアイテムです。

こんなの↓↓

閉じてしまえば、
中のプリント類がすっきり隠せる!
というわけです。

たんにプリント隠しと呼ばれたり、
お便り隠し、お手紙隠しなどと言う人もいます。
少しずつ浸透してきているみたいです。

ということで本記事では、
この「プリント隠しボード」について

・プリント隠しボードDIYみんなどんなの作ってる!
・基本パターンまとめ
さらに、
・作りたいけど作れない人へのおすすめ方法

といった内容でお伝えしてまいります。

・「プリント隠し」作りたい人
・「プリント隠し」作りたいけど作れない人

どちらの方にとっても参考になりそうな情報を
集めましたのでぜひチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

1.「プリント隠し」DIY、みんなどんなの作ってる?

知りたい方は

・Instagram インスタグラム
・Pintrest ピンタレスト
・RoomClip ルームクリップ

「プリント隠し」「お便り隠し」などと
検索してみてみましょう。

リアルタイムで皆さんがつくった
作品がたくさん見られますw
いやーすごいですね。
アイディアとインテリアへの追求心が。

材料はセリアなどの100均で調達している場合が
多く、簡単な構造なので
「ちょっと頑張ったら作れそう!」というのが
DIY(自作)する人が多い理由のようです。

(さて、すでに作る気満々の方はインスタなどに飛んで頂きたいですが、下に基本的なつくり等をまとめていますので、良かったら見ていって下さい。)

 

2.基本パターンまとめ

2-1.サイズ

お部屋状況や調達しやすい材料にもよりますが、

・A3サイズ
・A4サイズ
・B4サイズ
・規格外サイズ
・B5サイズ

など、個人的によく作られているなと思う順に
並べてみました。

プリント類は基本的にA4サイズB4サイズ
多いです。

そう考えると、
使い勝手がいいのはB4サイズ以上~。

家族が多いとそれぞれのプリントがたくさん!
B5、A4じゃなかなかカバーしきれませんw

 

こちらはA4判2枚の片開タイプ↓↓(B5サイズの給食だよりで一面は埋まりました。)

こちらは扉部分はB4判2枚の両開きライプ↓↓

(両開きパターンで作られる場合が多いですが、見ての通り開くとかなりの幅になります)

 

2-2.パーツとつくり


本体の材料
は基本的に、
・ボード部分
・蝶番(丁番)
・取手金具
・留め具
・壁掛け用金具(もしくはマグネットなど)

それに、アレンジを加えるなら

・装飾パーツ
・ペイントグッズ
を準備します。
基本的なつくりは、
・片開きタイプ(2枚でつくるパターン)
・両開きタイプ(3枚でつくるパターン)

が多いです。

【片開き】

【両開き】

シンプルなつくりなので作り方の手順に迷うことは
ほぼないかなと思います。

 

2-3.ボードの素材

プリントをピンかマグネットで
簡単に留められればいいので、
いろいろな素材で製作可能です。

メリット・デメリットもまとめてみました。

2-3-1.コルクボード

 

この投稿をInstagramで見る

 

chieさん(@chie2plus2)がシェアした投稿

[メリット]
・比較的、色々なサイズがある
[デメリット]
・ボードを閉じた時に薄いピンじゃないと閉まらない
・書き込みはできない

 

2-3-2.ホワイトボード

[メリット]
・マグネットが使える
・白なのでスッキリした印象
・書き込みができる
[デメリット]
・大きいサイズのものはフレーム部分がプラスチック製(あまりオシャレじゃない)だったり、価格が高かったりする

 

2-3-3.黒板

 

この投稿をInstagramで見る

 

Azusa Nishiさん(@azusa__nishi)がシェアした投稿

[メリット]
・マグネットが使える
・おしゃれな印象
・書き込みができる(チョークアートも楽しめる)
[デメリット]
・大きいサイズのものは価格が高い

※黒板シートなんてのもあります

 

2-3-4.ブリキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

harumama.421さん(@harumama.421)がシェアした投稿

[メリット]
・マグネットが使える
・おしゃれ
[デメリット]
・書き込みができない
・小さいサイズのものが多い

2-3-5.アルミボード

 

この投稿をInstagramで見る

 

junk-mさん(@junk.m.works)がシェアした投稿


↑↑中はアルミボードだそうです(2・3枚目に載せていらっしゃいます)

[メリット]
・マグネットが使える
[デメリット]
・書き込みができない

 

2-3-5.ホーローパネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

まぁぁぁぁぁぁぁさん(@maaaaaaaaaaaaaaaaa.home)がシェアした投稿


↑↑(こちらはプリント隠しではありませんが)ホーローも使える素材ですね。

[メリット]
・マグネットが使える
・おしゃれ
[デメリット]
・手に入りにくい
・基本的に重い素材である

2-3-6.額縁

 

この投稿をInstagramで見る

 

植村 まゆこさん(@mayuko.uemura)がシェアした投稿

↑↑開けると中にはコルクシートを貼ってあるとのこと(2枚目に載せていらっしゃいます)。

[メリット]
・好きな絵やファブリックを入れられる
・書き込みができない
[デメリット]
・裏面は「プリント隠し」としてそのまま使えない場合が多いので加工が必要

等々、他にもありそうですが、

お部屋のテイストや好みのデザインに応じて
色々な素材で挑戦してみるのもいいですね。

また、プリントが見やすいように
目線の高さに配置するのが普通です。

・どうやって壁にかけるか。フック?マグネット?紐で吊るす?
・重さは大丈夫か

といった点にも気を付けて作る必要があります。

 

3.作りたいけど作れない場合の方法まとめ

先ほどご紹介した、
インスタグラムやピンタレストを
眺めて「いいなー」と思っても

・時間が取れない
・重い腰が上がらない
・不器用

など「作りたくても作れない」という人も
いらっしゃるのではないでしょうか。
(私自身がそうなんですがw)

そんな方のために割と簡単な方法をw
ご紹介しますね。
目的はただ1つ「プリントを隠す」こと!

3-1.クリップボードにプリントを挟み、フックで壁にかける

ボードにプリントを挟み、
裏向きにした状態で壁のフックなどに掛けておけば
プリントが隠せます。
家族1人ずつ別々のボードで分けておくと
管理しやすくて良いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luneさん(@lune4221)がシェアした投稿

3-2.ドアミラーの扉内側にはる

こんなタイプのドアミラーだったら
の内側を有効利用できますね。
隠したいときは扉を閉めれば
一瞬で消えます。

3-3.パネルの裏側にはる

おしゃれなパネルの裏側にプリントを
貼っておいて、隠したい時は
ひっくり返すというのも手軽な方法です。
床置きだとプリントが見にくいので、
机や棚などに立てかけておくのがおススメ。

3-4.とにかく隠す(かぶせる)

 

この投稿をInstagramで見る

 

エミさん(@rifuwork)がシェアした投稿

布やカーテン、パネルなどで
覆いかぶせる事で存在を消す方法ですw
「これなんだろう?」と気になって
開けられないように自然に作るのがポイントです。

3-5.買う

手っ取り早く手に入れたい!
という人は、

買いましょう。

今のところ「メルカリ」「minne」に
ハンドメイドで作られたものが
販売されているようです。

↓↓以下ワードで出てきました(2019年9月現在)。

メルカリ → プリント隠し、お便りボード
minne → お便りボード

デザインも色々出されていますよ。

 

またちょっと事務用品寄りですが↓↓

キングジムから出ている「スキットマン」
という商品も、中にプリント類をすっきりと
収納できるホワイトボードになります。
裏にマグネットがついているので、
冷蔵庫などに貼って使用できますよ。

まとめ

ということで、
本記事では巷で話題の「プリント隠し」について
お伝えしてまいりました。

SNSなどに投稿された
実際のインテリア例を見ると、

自分もマネしたい!
ペタペタ貼ったプリントどうにかしたい!

という気持ちになりますね。

自作で作ろうと考えている方も、
自分で作るのはちょっと大変という方も、
アイディアや商品はネット上からたくさん
ゲットできますので、

上手く生活に取り入れてお気に入りの空間で
お過ごして下さい。

この記事が皆さまの毎日にとって少しでもお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました