持ち手付き辞書バックが小学生の定番に!?辞書引き学習などママたちに支持される理由は?

こんにちは、めぐーるギフトです。このサイトでは、ギフト選びで悩んでいる方へのお役立ち情報を、最新トレンドも交えてお届けします!

小学生を持つママたちの間でよく聞くワードになりつつある、辞書バックというものを皆さんご存知ですか?「辞書バック」以外にも、「辞書カバー」「辞書かばん」「国語辞書バック」「国語辞典カバー」「国語辞典かばん」など、新しく登場したものだけあっていろいろな呼び名で呼ばれています。

通常、小学校の授業で辞書を使い始めるのは2~3年生ぐらいからです。学校だけでなく自宅学習でも使う機会が増えるので、持ち運べて、また傷まないように保護するカバーがあると便利!!ということで、辞書バックはそんな小学生を持つママさん達の声から生まれました。

手提げバックや巾着タイプなど辞書を丸ごと入れるタイプもありますが、便利で使いやすいとSNSなど話題になっているタイプは以下のような形状です↓↓

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayumi omuraさん(@oeufuf)がシェアした投稿

小学校で推奨される辞書のサイズはだいたい規格が決まっています。ハンドメイド市場などで販売されているものはそれに合うよう製作されているものが多いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

madoさん(@mado5302)がシェアした投稿

中に辞書が入ってるとは言われなきゃ分かりません(笑)。ハンドバックのように子どもが持つ姿は、可愛らしいですね。

参照:めぐーるギフトyahoo店

ペンや付箋が入れられる内ポケット付きも便利でいいですね。

 

簡単にまとめると…

 

・持ち手付き

・子ども(ママ)が好きなデザイン・柄

・付箋やペンを入れるポケット付き

・丈夫な生地で耐久性あり

・ワンタッチで開閉できる

 

といったポイントをおさえたものが人気です。

ということで本記事では、今や小学生の定番アイテムとなりつつある「辞書バック」について情報をまとめてみました。勉学に役立つ学童品でもあるので、小学校入学や進学をひかえた子どもさんへのお祝いギフトとしてもおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


1.辞書バックはとても便利

辞書バックをいったん使い始めると、その便利さに手放せなくなる小学生(と小学生を持つ親御さん)も多いです。兄弟のいるご家庭では、上のお子さんで抜群の使い勝手を知り、下のお子さんにも当然のように買ってあげる場合も多いとのこと。では具体的に、「何がそんなに便利なのか」実際に辞書バッグをつかう子ども目線で理由を挙げていきます。

 

(持ち手付きの場合)持ち運べる

重たくてかさばる辞書類は自宅での調べもの学習がない限り、きほん学校に置きっぱなしです。それもそのはず、何かと荷物が多い小学生のランドセルは容量も限られています。しかし、持ち手付きの辞書バックなら手軽に持ち運べるので、学校と家との往復に便利です

参照:めぐーるギフトyahoo店

 

(持ち手付の場合)机のわきにかけられる

持ち手付きなので、使わない時はひょいっと机の脇にかけられます。いちいち本棚や収納棚にしまわなくて済むので手軽ですね。ちなみに、机の横にかけるので持ち手はあまり長くないほうがいいです。またフックのサイズにもよりますが、持ち手の幅が太すぎるとフックにひっかかりにくく使いにくいです。

 

辞書(とくに外箱)をキレイな状態でキープできる

辞書を買うと通常ついてくる「外箱」「ビニールカバー」。みなさんはどうしていますか?つけたまま使っていますか?…辞書本体を保護するためにあるのでしょうが、「買ったら即取り外す」人も案外多いようです。理由は、「外箱」にしまわない方が辞書をすぐに引ける、またビニールカバーも外してしまったほうが手になじんで使いやすい、からだそうです。

辞書バックに入れるなら、ビニールカバーは取り外してもつけておいてもどちらでもいいのですが、「外箱」は不要になります。つまり、「外箱」への出し入れの手間が省けるうえに、辞書本体をキレイな状態で使えるという利点があります。また「外箱」って使い続けるうちに、見るも無残なくらいボロボロになりますよね。もし、ゆくゆくは辞書をリサイクルに出品したい、誰かに譲りたいと考えるなら、きれいな状態で別に「外箱」を保管しておけるのはいいですね。

 

使いたいときにすぐに使える

辞書バックに辞書をセットしておけば、「外箱」への出し入れがないのはもちろん、開閉すればすぐに辞書が使えるのでストレスフリーです。ワンアクションです。フックにかけられる持ち手付きなら、学習机の脇につねに据えておけます。好奇心旺盛で知りたいことがたくさんある小学生にとって、間違いなく重宝するアイテムだと言えます。

 

(内部ポケット付きの場合)ペンや付箋を入れておける

辞書で言葉を調べたらペンで線引きしたり付箋をはるのは、記憶の定着に役立つなど学習効果ありとされています(詳細は後でご紹介する「辞書引き学習」を参考にして下さい)。辞書バックには、内側に小さなポケット付きのものもあります。鉛筆、蛍光ペンや付箋をまとめて入れておけるのでとても便利です。

 

好きな柄だったら楽しく辞書学習できる

「辞書バッグ」「辞書カバー」などで画像検索すると、子どもが大好きなキャラクター物や女の子に人気のガーリー・パステル系、またデニム地迷彩柄といったシンプルでカジュアルなものなど種類も豊富です自分のお気に入りの柄だったら強時間も楽しくなるし、どこへでも持って行きたくなるのではないでしょうか。

賢くなれる

「辞書がより身近になる」便利な辞書バックがあれば、知らない言葉はすぐ調べよう、自分で調べようという子どもたちの学習習慣を促進してくれます。身近な大人にとって、好奇心の塊である子ども達から「〇〇って何、どんな意味、なぜ、どうして?」などの質問攻めにあうのは喜ばしいことである反面、そのつど質問に答えるのは大変ですよね。まずは「自分で調べてみる」習慣が身についてくれたら周りの大人も楽ですし、自立学習の礎にもなります。その意識を早いうちから芽生えさせるためにも、周りの大人は辞書バックなどの便利グッズは積極的に子どもに与えたいものです。結果的に、どんどん自分で学びとる賢い子どもに育つでしょう。

 

 

 

教育現場でもその便利さと有益性が認められているようです。神戸市立御蔵小学校では、5年生の家庭科実習で「辞書バック」を作る取り組みをされています。自分で作った辞書バックなら愛着もさらにアップするのでどんどん使いたくなるでしょう。いいアイディアですね。

 

スポンサーリンク


2.ママたちに支持される理由

辞書バックが生み出された背景には、ママたちの想いがあります子供たちに「知らない言葉があったらまずは自分で調べてほしい」「どんどん辞書を使ってほしい」というママたちの熱い想いです。ただこれまでのスタイルだと、「辞書を引く」行為自体がけっこう面倒なものでした。

×重い辞書を本棚など収納場所から持ってくるのが大変

×(「外箱」にしまっている場合)出し入れが手間

×(いつでも使えるようにと)机に置きっぱなしにするには大きくて邪魔

×(いつでも使えるようにと)机に置きっぱなしにするにはインテリアを損なう

などいくつか問題点が…。

それらを解決すべく、小学生の子を持つ現役ママたちが作ったのが辞書バックです。今ではかなり浸透してきましたが、その支持される理由を挙げると…、

子どもが辞書をどんどん使ってくれるようになった

「調べたい」から「調べる」までが、ワンアクションでできることはやはり重要です。「ストレスフリーなので子ども達が自らどんどん辞書を使ってくれるようになった」とママさんたちの喜びの声が聞かれます。

 

子どもの自立学習に役立っている

辞書を引く習慣が身に付くことで、自立学習の土台とも言える「まずは自分で調べて解決しようとする」姿勢が子ども達に備ってきたとの意見も。

 

机に置きっぱなしでもOK、リビング学習に最適

最近は通販やハンドメイド市場での辞書バック販売も増えてきました。デザイン・柄もバリエーションゆたかに揃っています子ども達が気に入るだけでなく、ママさん達の好みで選ばれることも多いようです。特にリビング学習を取り入れているご家庭では置きっぱなしにしても問題ない、インテリアに馴染むオシャレなデザインのものが人気です。

 

入学祝い・進学祝いとして

我が子のためだけでなく、小学校の入学祝い進学祝いに贈る人もいるようです。入学祝いの定番である手提げバッグや時計、筆記用具などは他の人とかぶる心配もありますが、辞書バッグはまだそこまで知れ渡っていません。学習に役立つ便利品ですし、何よりまだ珍しい品なので「おっ」と驚き半分に喜んでもらえるのではないでしょうか。また、相場1500円~3000円ぐらいと、気を遣わせない程度の金額なのもプレゼントにおすすめのポイントです。

 

3.「辞書引き学習」には必須アイテム?

3-1.「辞書引き学習」とは

みなさん「辞書引き学習」という言葉を聞いたことがありますか?

現在中部大学現代教育学部の教授である「深谷圭助」氏が提唱した学習法になります。

詳しくは公式HP(深谷圭介先生の辞書引き学習)で確認してほしいのですが、簡単に説明を抜粋すると

 

「辞書引き学習法」とは、主に、「国語辞典」を活用して学ぶ学習法と「漢字辞典」を活用して学ぶ学習法をさす。
国語辞典を活用する「辞書引き学習法」は、かな文字を習い始める小学校1年生から国語辞典を与えることで、日常生活における疑問や、子どもの生活上で登場するものやことを調べさせ、自ら学ぶ態度や自ら学ぶ学び方を習得させようとする学習法である。

また、漢字辞典を活用する「辞書引き学習法」は、漢字を習い始める小学校1年生から漢字辞典を与えることで、漢字の部首に着目して、漢字を調べたり、系統的に覚える学び方を習得させ、自ら漢字を興味を持って学ぶ態度や漢字を読み書きする力をつける学習法である。 「辞書引き学習法」は、付箋紙に、辞書で調べた言葉を書き込み、辞書にはさむというプロセスに特徴があり、小学校1年生の児童でも、数千枚の付箋を辞書にはさむようになる。

 

ということで日本国内にととまらず、世界にも広まるぐらい実績のある学習方法として注目されています。

学習効果として、

  • ・語彙力が上がる
  • ・調べることが楽しくなる
  • ・新しいことを知る
  • ・自己解決能力を身につけられる
  • ・親子の交流が増える

などが期待できるそうです。いいことづくめですね。

さて「辞書引き学習」に必要なのは、

  • ・国語辞書、漢和辞書
  • ・付箋
  • ・ペン

といった道具としてのアイテムと

  • ・子どもたちのやる気
  • ・子どもたちのやる気を引き出し持続させる「働きかけ」
  • ・子どもたちのやる気を引き出し持続させる「環境」

と言えるでしょう。

周りの大人たちの声かけによる「すごいね」「たくさん調べたね」といった励ましなどの働きかけはもちろん、辞書を引きやすい習慣づくり」も非常に大切なポインとなります。その意味でも、手軽に辞書引きが可能になる「辞書バック」はとても有益なグッズと言えるでしょう。

 

3-2.「辞書引き学習」におすすめの辞書バック、付箋は?

辞書バックにも各種ありますが、「辞書引き学習」におすすめなのはやはり、付箋やペンが入れられる内ポケット付きです

ここで、「辞書引き学習」のやり方を簡単に説明すると、

 

 

①調べる

②調べた言葉を付箋に書く

③②を調べたページに貼る

 

 

ですが、どんどん付箋が貼られた辞書を見て「こんなに学んだ!」と子ども達の自信とやる気がどんどんアップすると言われます。また調べれば調べるほどんでもない数の付箋が貼られていくので、辞書はすごいことになっていきます(笑)。

画像参照:全国書店ネットワークe-hon「『うちどく』×『辞書引き学習』で読解力UP!」

そう考えると、辞書バックは大きめサイズで生地がしっかりした丈夫なものがいいでしょう(最後には収まり切れなくなることは仕方ないとして…笑)

付箋も最近はデザインが可愛いものやら形が凝っている面白いものなどいろいろありますが、普通に字が書き込めるノーマルタイプがいいでしょう。また辞書バックを選ぶ際には内ポケットのサイズが、使用する付箋が問題なく入る大きさか確認が必要です。こちらもたくさん使うので大き目がいいでしょう。

 

4.まとめ

本記事では、SNSやハンドメイド市場などで話題になっている「辞書バック」についてまとめました。これまでの辞書の使い方をくつがえす、たいへん便利で画期的なものだと言えるでしょう。加えて子ども達の「自律的な学び」につながる大変有益なものです。これからもっともっと広まっていってほしいと思います。

最後に、購入を考えている方や手作りしたいと思われている方のために「使いやすい!」人気のタイプをおさらいすると、

  • ・持ち手付きで、持ち運べるもの
  • ・丈夫で耐久性があるもの
  • ・内側にペンが付箋が入れられるポケット付き
  • ・好みのデザイン&柄で勉強が楽しくできるもの

となります。自分の子供用としてだけでなく、小学生のいるご家庭への入学や進学ギフトにも使えるのでぜひ頭に入れておいてもらえたらと思います(笑)。

この記事が皆さまの毎日にとって少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク



コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

めぐーるギフト