【花言葉に想いをのせて】片思いの相手に贈りたい「愛・告白」などの意味の花

花言葉

こんにちは、めぐーるギフトです。このサイトでは、ギフト選びで悩んでいる方へのお役立ち情報を、最新トレンドも交えてお届けします!

みなさんは「お花のギフト」をどんなときに贈りますか?

母の日、誕生日、また、退職祝いやお世話になった人にお礼を伝える、愛の告白の時など、いろいろなシーンがありますね。

さてお花を選ぶとき、どんなお花を贈ったらいいのだろう…

と迷うこともしばしばありますね。

「すべてお花屋さんにお任せ!」という場合もあると思いますが、

・おくる相手のイメージに合うもの

・手間がかからないもの

・予算、サイズ

など、選ぶポイントはいくつかあります。

その中でも、知っておくことで「自分の気持ちを花束に託す」ことが出来るのが、

花言葉

です。

その起源はいろいろですが、はじまりは「恋人たちが花に想いを託して花を贈る習慣」から来ているそうですよ。「想いを伝える」ための手段だったわけですね。

 

ということで、せっかくの花ギフトです!

シーンによってはちょっぴり恥ずかしい時もありますが(笑)

あふれる気持ち、沸き起こる感情、伝えられたくても伝えられない想い

を花言葉にのせて。

家族、友達、恋人など大切なあの人に贈ってみませんか?

きっと思い出に刻まれることでしょう。

 

本サイトでは【花言葉に想いをのせて】というシリーズで、いくつかの場面に合った花言葉をご紹介しております。今回は取り上げるのは、「片思いのあの人へ贈りたい花」です。

どストレートなものから、さりげなく気持ちを伝えるものまで、絶妙な花言葉がありますよ。

お花選びの参考にしてくださいね。

花言葉は1つの花に1つというわけでなく、複数の意味を持つ場合も多いです。それは、花言葉がいろいろな国で作られたから。それぞれ各国の歴史、風習、伝説や神話などに由来しているので、意味がたくさんあるのは仕方がない事と言えます。

 

スポンサーリンク

1.愛・告白シーンに贈りたい花

赤いバラ

【ぴったりの花言葉】あなたを愛しています

【開花時期】周年

【最盛期】6月

愛のメッセージを伝える花の代表と言えば、やっぱり「バラ」ですね。美しい姿とかぐわしい香りは愛を伝えるシーンにぴったりです。そして、バラは色によって意味が変わるので、愛する人へストレートな想いを伝えるには「赤」を選びましょう。「赤」は血、太陽、炎など情熱を表わす色です。

さらに本数でもそれぞれ花言葉が存在します。

・1本のバラ → あなただけです。一目惚れしました

・2本 → 世界にはあなたと私だけ

・3本 → 愛しています

・999本 → 何度生まれ変わってもあなたを愛します

といった具合に(こちらは別の記事でまとめます)。予算とも相談ですが、赤いバラを贈る機会なんて通常なかなかないと思いますので、せっかくならこだわってみるのもいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

薬屋 わちさん(@yukiko_wachi)がシェアした投稿

 

スターチス

【ぴったりの花言葉】変わらぬ心、永遠

【開花時期】周年

【最盛期】5月~6月

スタイリッシュな形に小さなフリルのような花びらが可愛らしい「スターチス」。実際に触れてみると分かるのですが、水分がほぼなく乾いたような質感をしています。そのためドライフラワーとして扱いやすく「長い期間愉しめる」ことから「永遠」という花言葉がつきました。見た目は控えめの可愛らしい印象なのに、変わらぬ心を持った、そんな芯の強い人に贈ってみてはいかがでしょうか。もちろん自分の変わらぬ気持ちを表現するのにも、ぴったりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ao i to riさん(@ao_i_to_ri)がシェアした投稿

 

ベゴニア

【ぴったりの花言葉】真心、愛の告白、片思い

【開花時期】周年

【最盛期】調査中

「愛の告白」というダイレクトな意味を持ったベコニア。葉の形がハート型になっていることが由来です。グラデーションがかった花びらは可憐で美しく、もらった相手も優しい気持ちになるでしょう。また白いベコニアは「真心」を表わし、まっすぐ純粋な想いを伝えるのにぴったりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayumi_🌱さん(@myuchii_ms55)がシェアした投稿

 

チューリップ(赤・ピンク・緑)

【ぴったりの花言葉】愛の告白

【開花時期】3月~4月

【最盛期】4月

大半の日本人にとってチューリップは子供の頃から馴染みのある花ですね。花壇に植えたり、お絵かきで書いたりしていた人も多いと思います。そんなチューリップですが「愛の告白」の場面にもぴったりなんです。ただ注意しないといけないのは、チューリップの「色」です。たくさん色の種類がありますが、中には「愛のメッセージ」には向かない色も。

ということで、「愛の告白」にぴったりなのは、赤・ピンク・緑になります。

それぞれ説明します!

赤いチューリップ

赤は、血・火・太陽などをイメージさせる「情熱」の色。そんなカラーをまとったチューリップは、好きな人への熱い想いを表現するのにぴったりです。実際にペルシャでは、プロポーズのときに真っ赤なチューリップを贈るという習慣があるそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ケンケンさん(@kenkenpart2)がシェアした投稿

 

ピンクのチューリップ

真っ赤になりきれていない「ピンク」は、少女の頬がポッと染まるような可愛らしい色。花言葉も「愛の芽生え」「誠実な愛」など、初恋をイメージするまっすぐな気持ちが表現されています。心揺すぶられる恋心を秘めて、大好きなあの人に贈ってみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

teruさん(@friendry_storage)がシェアした投稿

 

緑のチューリップ

緑色のチューリップの花言葉は「美しい瞳」です。片思いの人の目をまっすぐ見つめるのはちょっと恥ずかしいですが、「いつか恥ずかしがらずに見つめ合える関係になれたらいいな」そんな真っすぐな気持ちを込めて贈るのもいいですね。自然や調和の色である緑色は、心を癒してくれる効果もありますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hajime Hondaさん(@hajime_honda)がシェアした投稿

 

ちなみに「紫色のチューリップ」は「不滅の愛」を表わします。紫色が落ち着いた大人色であるイメージも重なって、片思いの段階ではちょっと重たい気がしますので、すこし関係性が深まってからがいいかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

teruさん(@friendry_storage)がシェアした投稿

 

マーガレット

【ぴったりの花言葉】真実の愛、誠実、信頼

【開花時期】1月~5月

【最盛期】3月~4月

可憐な少女をイメージさせる清楚で愛らしい花ですね。今の子ども達はあまりしないかもしれませんが、「好き・嫌い」の花占いで思い出される代表的な花です。乙女心を忘れたくない女性が大好きな花でもあります。花言葉は「真実の愛、誠実、信頼」。純潔な想いをまっすぐに表現するのにぴったりではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで以上、今記事では「愛・告白シーン」にぴったりな花言葉をいくつかご紹介してまいりました。

「片思いの人」に愛の告白をするときに「花を贈る」こと自体、すごく勇気のいる素敵なことだと思います。そのぶんお互いの心に人生のワンシーンとして、しっかり刻まれることでしょう

花言葉のパワーをかりて大好きなあの人に想いをストレートに伝えられるよう、お花選びの参考にしてもらえたらと思います。

この記事が皆さまの毎日にとって少しでもお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました